白本焼 生間流式包丁300mm、「龍門の鯉」沈金鞘

¥792,000 (税込)

在庫あり

説明

古来より続く伝統儀式「式包丁」。生間流の式で使用される包丁を白本焼で製作しました。

鞘には中国の故事より伝わる立身出世を祈願する「登龍門」を表す図を輪島塗の沈金で描きました。

 

【刃の詳細】

仕上げ: 両鏡面仕上げ、本研ぎ

鋼材: 白紙3号

鍛冶師: 池田美和

研師: 伊野信平

———————————–

【鞘の詳細】

「急流を登りきり龍門へと辿り着いた鯉が龍へ進化し天に昇った」という鯉のぼりの由来にもなっている故事から着想を得た図案です。急流を登りきった鯉が龍へと進化しつつある様子を輪島塗の沈金で描いています。

———————————–