日本の包丁製造技術は世界でも高い評価を受けています。

日本刀の流れを汲んだ伝統的製法で造られた和包丁はただ単に「切れる」というだけでなく、その製造方法へのこだわり、姿の美しさなど世界に類を見ない道具として高い評価を受けています。 和包丁は日本料理の繊細仕事に欠かすことのできない様々な工夫が施されており「日本料理は極めるほど包丁の数が増える」と言われるほど欠かすことのできない道具として使われ続けています。 このように日本料理人の精神とも言える特別な道具だからこそ、これからも本当にこだわった包丁作りを続けていきたいと「子の日」は考えております。古来より受け継がれた技術を活かし新しい物を創作します。